戸田市が水害に見舞われたらどこへ逃げる!? [2015年09月28日(Mon)]

こんにちは、アイです。
戸田市に住んで10数年になりますが、はじめて防災訓練に参加してきました。


お客さまで込み合う日曜日の午前中の時間ですが
わがままさせていただきありがとうございます。


訓練用のサイレンで町会の会館に集まった人数はおよそ120人。

何年も活動にかかわっている町会員さんがテキパキと動き
男性陣はテントの設営や配給の準備、かまどの火おこし
女性陣は炊き出しの豚汁、おにぎり作りの作業がどんどん進みます。
「さといもどうやって切る~?」なんて声も聞こえてきますが
とにかく皆さん慣れた手つきで。

集まった住民むけに
戸田市の消防隊員によるAEDの使用方法や応急処置などの講習もおこなわれました。

佐々木家の子どもたちも意外に?真剣な眼差しで聞いていましたよ。

長男は心臓マッサージや毛布でけが人を運ぶ練習、
次男は放水訓練後のホースを丸める手伝い
長女は毛布でけが人を運ぶ練習に、放水途中のホースを持たせてもらったり

体験しながらいろいろ教わることができました。


(長女作 ブルーシートの上でAEDの練習をしているところ)

その間、私はというと。。。

家庭にあるカセットコンロと鍋で炊飯する実演を担当。

鍋の大きさをみながら二合から四合のお米をカセットコンロで炊きました。
鍋は5つですが、沸騰後、弱火で10分、火を止めて蒸らしで15分。


いつもの自宅での炊飯と同じなのでいい感じに炊き上がりましたよ♪


そのご飯もかまどのご飯と一緒におにぎりになりました。


おにぎりは240個ほどできで
みなさんおいしい、おいしい、と食べてもらえてよかったです。

婦人会の方の豚汁も絶品でした!



そのうちそのうち、と思っていた防災訓練にやっと参加できてよかったです。


何かあったときでも、今回のように地域の皆さんが連携していることはとても心強いと感じました。




荒川が氾濫したら
戸田市は全体が湖のようになってしまいます。
避難先は「戸田市から外」
さいたま市や浦和駅周辺までの避難が必要です。

災害はいつやってくるか分かりません。
次は我が身、という気持ちで過ごすことが大事なんだと思います。





タグ: その他  子供・家族 
佐々木 愛 この記事を書いた人:佐々木 愛さん お客様にキレイになったお肌を見て喜んでいただきたい、そんな思いを持って心をこめて施術させていただいています。 お客様との会話も大好きです。ご来店いただいた時間を一緒に楽しめれば幸いです。 新潟生まれのスポーツ大好きなママ。

この記事に対するコメントはありません

/
先月  翌月

ブログ

RSS RSS

- オススメメニュー -