真の接客はマニュアルを超える! [2013年07月03日(Wed)]

カットの講習会に参加してきました。

川口市のリリアでおこなわれた今回の講習会は木下裕章氏が講師です。

創業明治27年でなんと119年も続く老舗サロンの5代目なのです(スゴイ!)



業界紙やファッション雑誌の撮影などで
年間80回のセミナー回数をこなしている先生いわく

「カウンセリングと提案力が決めて」だそうです!



今回のカットテーマは
 「理容師らしいヘアスタイル」でした(笑)



理容師らしいヘアって?
たしかにスーツ姿のサラリーマンと
同じヘアスタイルでは似合わないですけど…



ファッショナブルで動きや遊びゴゴロがある
ヘアスタイルといっておきましょう。

要するに、
その人の職業やファッションにあったヘアスタイルを
提案することが大切ということなのです。





先生のお話で印象に残った言葉は
「マニュアルを超えた接客がお客さまに感動を与えることができる」
「しかしマニュアル通りにできない人はマニュアルを超えることもできない」
「人を感動させるところに人は集まる」


(ディズニーランドやマクドナルドでの例を交えながら
とてもわかりやすくお話をしてくれてよかったです。)


なるほど、そうですよね。
当たり前のことをきちんと理解しておこなったうえに
マニュアルを超えた接客があるんですよね。

あらためて再確認したところです!


タグ: 仕事  講習・勉強 
佐々木 康雄 この記事を書いた人:佐々木 康雄さん いろいろなものに興味を示す好奇心旺盛な性格で、常に周囲から知識を吸収して、物事に広く深く拘りを持っています。戸田市で生まれ育った根っからの「とだっこ」です。

この記事に対するコメントはありません

/
先月  翌月

ブログ

RSS RSS

- オススメメニュー -