経理の仕事。理容室経営に必要な算数の基本を学ぶ。 [2012年04月24日(Tue)]

経理の仕事。
理容室経営に必要な算数の基本を学ぶ。

東京都江戸川区にある
古田土公認会計士事務所で経理の基礎を学んできました。

公認会計士の先生にヘアサロン経営に必要な算数について、
専門家ならではの目線で色々教えてもらいます。





懇親会で大盛り上がり、
おしゃべりしすぎて声がかれてしまっている
HAIR SASAKIの佐々木康雄です。



今回は、経理の基本についてはじめて学びました。


B/S、P/Sや自己資本比率を上げることの重要性や
損益分岐点比率、労働分配率などのお話です。






専門家にちゃんと教えてもらうはじめての体験はワクワク!



固定費、粗利益から「損益分岐点」を計算して
黒字にするにはどうしたらよいのか?など






普段は、ただ漠然と思っていたことを
わかりやすく説明していただき理論と知識を深めていきます。




たとえばこんな問題とか
みなさんならどんなふうに考えますか?

■例題■
毎月の売上げが100万円で、利益が10万円の理容店があるとします。
利益を2倍、つまり毎月20万円にする為には
毎月の売上げは、いくら必要でしょうか?(粗利益率は90%とします)


① 111万円
② 200万円
③ 222万円

※ 分かりやすく表現する為、大まかな金額となっています。





こんな感じです。
よーく考えてみてくださいネ(笑)




あたり前かもしれませんが
なんとなくのどんぶり勘定じゃだめなんですね!
タグ: 仕事  講習・勉強 
佐々木 康雄 この記事を書いた人:佐々木 康雄さん いろいろなものに興味を示す好奇心旺盛な性格で、常に周囲から知識を吸収して、物事に広く深く拘りを持っています。戸田市で生まれ育った根っからの「とだっこ」です。

この記事に対するコメントはありません

/
先月  翌月

ブログ

RSS RSS

- オススメメニュー -