理容室におけるネットの活用方法。2012年の「いいね!」セミナー [2012年02月16日(Thu)]

理容室におけるネットの活用方法。
2012年の「いいね!」セミナーについて

らしさ・ドット・コム(株) 細見隆彦氏が熱く語ってくれました。

2012年の「いいね!」セミナー


インターネットの普及が進み、
今このブログを読んでくださっているあなた様をはじめ、
インターネットを通してお店を調べたり、
意見を交換したりとその活用方法は多岐にわたります。

当店でもブログをはじめ、
ホームページやフェイスブックなどを積極的に活用し
新規のお客様のほとんどがネット経由から
来ていただいているという状況です。

ホソミ講師のお話もそういった状況をふまえた上で、
さらにお客様との繋がりを深め、
そのお客様が新たなお客様を呼んでくださるような
取り組みを紹介してくださいました。


細見隆彦



自分のサロンがネット上でのお客様の「たまり場」になるよう、
イベントをしたり、お客様の広告をのせるサービスなどを行う提案も、
大変勉強になりました。


細見隆彦氏の言う
「インターネットを効果的に使いながらも
最後はアナログ、人とのつながりは、これが大切!」


という言葉には、なるほど!と納得しました。
これは、「最後は人と人の繋がりなんですよ」という意味なのですが、
本当にその通りだと思います。

お客様がお帰りになってから、次回来店されるまでの間。

昔なら、ただなにもせず待っているだけだったでしょう。
1ヶ月後にご来店されたとき、「お元気でしたか?」
お客様との接点は施術中のわずかな時間だけでした。


でも、今は違います。
ネットを通じてその間もやり取りをすることができます。
お客様にもっと寄り添うことができるのです。


自分達の考え、活動を発信することで、
お客様にとっては自分の担当理容師が
どんな人物なのかもっと知っていただくことができますし、
私たちもお客様のことをより知ることで、
より良いご提案へと繋げることができます。

手段はデジタルでも掘り下げれば
そこには人と人との繋がりがある、
これは本当に大切なことだと思います。

価値のある講習会を受けることができ、
今後もますます頑張っていきたい!と全力前進あるのみです。



 アイ著 

 HAIR SASAKI ヘアーサロン理容ササキ 
     女性専用・美肌メニュー
         
   女性のお顔そり・フェイシャルエステ
タグ: 仕事  講習・勉強 

この記事に対するコメントはありません

/
先月  翌月

ブログ

RSS RSS

- オススメメニュー -