アドボカシーマーケティング。ロイヤルティ・マーケティングを学ぶ [2012年02月07日(Tue)]

アドボカシーマーケティング。
ロイヤルティ・マーケティングについて
経営セミナーでおしえていただきました。

木和田 俊治郎


今回参加した経営セミナーでは

経営のプロ「木和田 俊治郎先生」をお招きして、

理容業全般の経営に対する考え方の基本を教えていただきました。


全国と埼玉県を比較した時代背景のお話では
さまざまなことが数字を通して明確にわかりました。

アドボカシー マーケティング


そして、お話は本題の
ロイヤルティ・マーケティング
アドボカシーマーケティングに…。

アドボカシーの意味は「支援」です。

理容業の経営で言いかえれば、
お客様の立場に立った接客やサービスで接すること。
お客様の意向を最優先に考えて行動し、信頼関係を築くことです。

目先の料金などに迷わされるのではなく
お客様に対して最善を尽くし、
お客様の長期的な信頼を得ようとするもの
です。

それが結果として、
お客様がお店のファンになり経営も安定するということなのです。

アドボカシー 意味



なるほど!
たしかに普段からお客様に対しては
「どうすれば、もっとお客様に喜んでいただけるか。」
と思い行動していましたが

これはアドボカシーマーケティングの要素のひとつだったんですね。

身振り手振りで熱く語ってくれた
木和田 俊治郎先生に感謝です。

たくさんの思いを、おみやげに持って帰ることができました。

またまた、モチベーションアップしました!
ありがとうございました。


 ヤス著 
タグ: 仕事  講習・勉強 

この記事に対するコメントはありません

/
先月  翌月

ブログ

RSS RSS

- オススメメニュー -