当たり前の中にある感激と感動 [2016年09月21日(Wed)]

私たちは髪のプロです。
お客さまのご要望をお聞きし、
ご希望のヘアスタイルを提供するのは当たり前。

プロならではの経験と技術で、当たり前のその先の、
お客さまも気づいていないような【こうなりたかった】を提供してこそ、
お客さまに心からの喜びと満足を感じていただけるのだと思っています。

同じくプロの世界、お料理の世界でもそれは同じだと、
うれしい気持ちいっぱいになる体験をしたお話、ぜひ聞いてください。

先日のお休み。
やっと念願が叶い、当店のお客さまで
なだ万の料理長を務めていらっしゃる大田さんに会いに!

家族で日帰り、箱根の「なだ万雅殿」
ヘお出かけしてきました!!



わくわくしながらお料理をいただきました。
期待を裏切らないお味。

・・・感激と感動が湧き上がってきます。

プロのお料理が美味しいのは当たり前。
しかし、その当たり前の中に。。。
食べる人の喜ぶ顔をみたいという想いがたっぷり詰まっていました。

自分でも料理をするので、どれほど手間がかかっているのか想像できます。



手間をかけた上に、もうひとひねりを加えたお料理や、
丁寧な下ごしらえの上、遊び心感じる味付けをほどこされていたり。

はたまた、シンプルに素材の味を楽しめたり。

お料理の構成に大田さんのお人柄も存分に発揮されている、と感じました。

とにかく、口に運ぶひとくちひとくちが幸せの連続で。

顔をほころばせながらいただいていると。。。
ヤス、急に涙。



美味しさの中の、おもてなしの想いと、プロの仕事の素晴らしさに
感激して泣いてしまったんです。

「うまくて、嬉しくて、オレ、泣いちゃって食べられないよ」

と。。。
言いつつも、ちゃんと食べていましたけどね。

そのくらい、感激でした。



お料理だけでなく、大田さんの笑顔や、スタッフのみなさまのお心遣い、
丁寧な接客、全てが相まっての幸福であたたかな空間を味あわせていただきました。

長男は今どき風に?
「やばい、何これ!超うまい」を連発。

次男は病み上がりのため、量は少なく、食べたいものに的を絞り堪能。
「ああー、うまい!」



食いしん坊の長女、大物の片鱗をみせ。。。

「美味しいっ!美味しいっ!」
「もっとちょうだい」
「それもちょうだい」
「うう~ん、美味しい♪幸せ!」

と絶叫していました。

あまりの美味しさに興奮して…少し賑やかにしてしまったかもしれないのですが^^;
それでも佐々木家の子どもたち、席をたつことなく
一緒に食事ができたので、成長してくれたなあ、と思いました。

私たちもゆっくりといただけました。



その後はホテルの温泉で入浴を楽しみ、
素敵な気分に浸りながら帰路につきました。

心突き動かされる感動や喜び
少し不足気味の日々でしたが
完全にチャージできました!


あいかわらず長文ですが
ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

キラリと光るプロの仕事。

私たちも《《もっとよろこんでいただこう!》》という思い
いつも大切にしていきます。



最後に、
大田さん、スタッフのみなさん
素晴らしいお料理と幸せな時間をどうもごちそうさまでした。


アイ
タグ: 子供・家族    食・酒   
佐々木 愛 この記事を書いた人:佐々木 愛さん お客様にキレイになったお肌を見て喜んでいただきたい、そんな思いを持って心をこめて施術させていただいています。 お客様との会話も大好きです。ご来店いただいた時間を一緒に楽しめれば幸いです。 新潟生まれのスポーツ大好きなママ。

この記事に対するコメントはありません

/
先月  翌月

ブログ

RSS RSS

- オススメメニュー -